髪と紫外線とわたし

images

ま、まぶしいわ〜〜!!

日差しの強い季節になってきましたね!!

私の髪と頭皮大丈夫かしら〜

ところで、紫外線を浴び続けると、髪や頭皮にどうな影響がでるのでしょうか?

まず、毛髪の一番外側を覆っているキューティクルが痛み剥がれやすくなってきます。

頭皮は毛髪により、ある程度保護されているので顔や体より紫外線の影響はすくないものの、蓄積されると新しく生えてくる髪に影響を与えてしまうこともあります。

毛髪は主にタンパク質でできています。

タンパク質というのは、アミノ酸のシスティン結合により構成されていますが、紫外線を受けることにより、この結合が分解してしまうのです。その結果、毛髪のキューティクルがはがれて内部が乾燥し、枝毛、切れ毛、裂け毛などのダメージヘアの原因となります。

さらに、紫外線は毛髪の内部にあるメラニン(毛髪を黒くしている色素)も分解してしまいます。これが毛髪の退色で、赤茶っぽく、まさに“焼けたような色”になってしまうのです。

紫外線から守るには・・・

髪が濡れている状態は紫外線からのダメージを受けやすくなっています。

海やプールではできるだけ乾かしたり、帽子をかぶったりするといいですね!

さらに、キューティクルの間にしっかり油分を入れて閉じ込めることで

紫外線を浴びてもキューティクルが剥がれにくくなります。

毛髪花学研究所では、さまざまな髪の研究を重ね一人一人の髪の状態に合わせたヘアトリートメントを施述しております。

同じ人でも体調や生活の変化により毎回髪の状態は違うのです〜

さらさらの髪を維持し、女子力をアップさせるために、しっかり髪をかわいがってあげましょう!!